ごまみそミックス

ビデオゲームに関するメモ。

Stephen's Sausage Roll 日本語訳(ネタバレ注意)

f:id:gomamisomix:20191030041817j:plain

パズルゲーム「Stephen's Sausage Roll」のストーリーの日本語訳です。

store.steampowered.com

 

マップ中に点在する石碑の文章から、このゲームのバックグラウンドに潜んでいた物語を追いかけます。

文は、石碑ごとに1行記載されており、石碑間が離れている個所もあるため、文章として連続しているわけではありません。が、後半はストーリーテリングの側面から、プレイヤーが石碑を順に読み進められるような配置となっています。

f:id:gomamisomix:20191030041936j:plain

↑石碑。

 

主人公は何者で、なぜマップ中のソーセージをすべて焼くのでしょうか?そもそも何故ソーセージで、そして焼けたソーセージはその後どうなるのでしょうか?

明確な回答はゲーム内では語られませんが、その考察のヒントとなれば幸いです。

 

翻訳に当たり、 有志による「The story of Stephen's Sausage Roll」を参考にさせていただきました。

steamcommunity.com

 

さて、私は高卒レベルのほんわか翻訳スキルしかありません。今回も翻訳していて、いまいち意味が読み取れない文が現れたため、ごまかしたり、ニュアンスで意訳した箇所もあります。

誤訳の指摘や、よりよい翻訳案があれば、お気軽にコメントください。

 

↓↓↓以下、石碑の文章(おおよそゲーム中の登場順のはず)↓↓↓

 

Welcome to the Island of Wisdom!
知恵の島にようこそ!


Learned people cast great shadows.
学んだ者は偉大な影を落とす。


There were once great people here, but now there is something even greater.
かつてはここに偉人達が存在していたが、現在はさらに偉大なものが存在している。


Even though the roof is long gone, the pillars still seem to retain purpose.
とっくに屋根を失ってしまっても、柱は今まで通りの目的を維持しているようだ。


Every learned person would write a memoir in their final years of life.
博学なものは皆、晩年に回顧録を書くだろう。


We mourn not the dead, but the knowledge that left the world with them.
我々は死を嘆くのではない。死と共に知識が世界から消え去ってしまう事を嘆くのだ。


At the beginning of time, all the sausages were joined together in a never-ending chain.
古来より、すべてのソーセージは永遠の鎖によって結合されていた。


For festivals, people from cities all around brought food to cook on the sacred, giant fires of this city.
祭典があると、都市の人々は食材を運び込み、都市の聖なる巨大な炎で料理した。


Not all the celebrations here could keep fate at bay.
ここでのすべての祝賀会が不運を寄せ付けないわけではなかった。


The wise people all felt the approach of an inevitable death, not just of body, but of idea.
賢人は皆、避けられぬ死(身体だけでなく思想の死も)が近づくのを感じていた。


People understood that their world was not merely doomed - it was already gone.
人々は、この世界が単なる不運ではないことを理解したが、もう終わったことだった。


They began to live as if, not even in the memories of their children, but in the findings of future scholars.
彼らはまるで、子供の記憶の中ではなく未来の学者の発見物であるかのように生きはじめた。


The means by which fate struck them, however, surprised them, as the ground they stood on began to give way.

運命は人々を襲い、彼らの立っていた台地が崩れ始めた。


People cut down all their trees in an effort to build a great scaffold to escape the rising tides.

人々は、潮から逃れるために全ての木を切り倒して足場を作り上げた。

By the time the fountains were let run dry, people here had already lost hope in ever controlling the waters.

泉が枯れ、人々は水を管理できなくなり、希望を失った。

They used to come to the bathhouse to escape the sun, but by the end they were drowning their criminals there.

彼らは日光を逃れて浴場へ隠れたが、そこでの犯罪により最後には溺れ死んだ。

They tore at their hair with frustration, and rolled around on the ground.

彼らは苛立ちから髪をむしりとり、地面を転げまわった。


The drowned men and women puffed and bloated until they looked like sausages.

溺れた男女の体は膨張し、ぷっくりと膨れ上がった。まるでソーセージのように。


All trees gone, all creatures gone, people hoped merely for a week without calamity so they could dry, cook, and eat their dead.

木を失い、生物を失った人々は、災害のない1週間をただただ望みながら、死体を乾かし調理して食べた。


The only anxiety one could have was of being the last person to die; what a waste of food with no one around to eat it!

頭に思い浮かぶただ一つの不安は、最後の一人として死ぬ事だった。食べ物になったのにそれを食べる人がひとりも居ないだなんて、何と勿体ない!


Memories of mass feasts became premonitions of funeral rites.

大饗宴の記憶は葬儀の予兆となった。


Children beheld the jellied oozings of their parents, and an ocean of eyes.

子供たちは、両親がゼリー状に変形していく光景と、眼の大洋を眺めた。


Cooking isn't a sacrifice from the living to the dead - it's a gift from the dead to the living.

調理は、生者が死者を犠牲にするのではない。それは、死者から生者への贈り物だ。


When everyone dies, one by one, who buries the last body?

一人ずつ死んでいくならば、最後の死体はだれが葬るのだろうか?


Human responsibility remains. Even after so much time had passed, the bodies still called out for reparation.

人間の責務は残る。どれだけ時が過ぎようとも、遺体はずっと賠償されることを叫び続ける。


A ghost isn’t a dead person with unfinished business - it is a living person carrying the weight of the dead.

幽霊とは未練を持つ死者ではない。幽霊とは、死者の重みを抱え続けている生きた人間である。

People dreamed that in the future, somebody would come and lay them all to rest.

人々は夢見た。いつの日か誰かが、ここにいる全員に安静を与えに来てくれることを。


People dreamed that their wishes had meaning.

人々は夢見た。自分の願いには意義があることを。


People dreamed that they were already dead.

人々は夢見た。自分たちがもう亡くなっていることを。


Not just people were dreaming, but the world itself was now dreaming.

夢を見たのは人々だけではない。世界自身も夢を見ている。


People dreamed that their world was not already dead.

人々は夢見た。彼らの世界はまだ死んでいないことを。

The dreamers were already just a dream.

夢見る者たちは、もうすでに単なる夢となった。

In dreams there is hope.

夢の中に望みはある。

All their dreams unburdened now, it's time for the world to wake.

彼らのすべての夢は解消された。さあ、世界が目覚める時だ。

 

 

===

口音つぐみ名義で、Stephen's Sausage Rollのプレイ動画をYouTubeで公開しています。

完走まで録画してあります。順次投稿していきます。

気になった方は是非どうぞ。

www.youtube.com